無電源・無動力の気象観測用計器で

製品ラインアップ

TKシリーズ

基本は上下ヒーター付。レスオプションとして上部ヒーター付・ヒーター無の選択が可能です。

TKFTK-2TK-3

TKシリーズ

基本はヒーター無し。寒冷地用製品で上部ヒーター付・上下ヒーター付のオプション取り付け可能。

TK-1 TK-2 TK-3

大型蒸発計

大型蒸発計水の蒸発量を知る為の計器で直径120cm深さ25cmのステンレス製の大きなタライに水を入れて減少量を、フックゲージ等の計測器を使 用して自然の地表面からの蒸発量の計測に用いる計器。
大型蒸発計についてはこちら


新製品情報(特許出願中)

省エネ型
転倒ます型雨量計感部フィルムヒーター付
従来の1/3省エネ(当社比):捕捉率がアップ:コストパフォーマンスアップ

従来のヒーター付タイプよりも、1/3の省エネタイプで捕捉率がUPしました!!
上部ヒーターのみ、ヒーター無1接点出力式の選択も可能。
検定無品は後付でヒーター取付も可能。

  • 各種測定器・記録器と組み合わせて使用できます。
  • 気象庁検定付・検定無があります。

試作品お受けします!
お気軽にご相談ください。
検査担当者 竹田

東日本大震災によって被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


転倒ます型雨量計とは?

「転倒ます」という言葉をはじめて聞いた場合、一体何のことなのかわかりにくい?かもしれません。
そこで、庭園でみかける「鹿威し」をイメージしてください。「鹿威し」は竹筒の先が切られており、切り口に水が注ぎ込まれると重みで竹筒は下がり、勢いで水が流れ落ちますね。その後に反動で竹筒は元に戻ります。
転倒ます型雨量計も「鹿威し」と同じ原理なんです。

詳細はこちら

新着情報

2015/12/02

大型蒸発計排水用ハンドルコック製造中止による変更に付いて

従来のハンドルコックの製造中止により従来品のハンドルコックからボールコック式へ変更になりました。詳しくは製品情報をご覧下さい。

2012/09/25 TK-1とTK-2のリードSWの販売を終了いたしました。
2010/09/15 平成22年8月27日 
弊社省エネタイプ TKF-1-UD(0.5mm計) と TKF-2-UD(1mm計) の2機種が、気象庁型式証明を取得致しました。詳細はこちら>>>(ページジャンプ後、下段にあるPDFをクリック)
2010/04/22 WEBサイトを公開しました。

竹田計器工業株式会社:ページの先頭へ戻る

竹田計器工業株式会社